龍谷富山高等学校トピックス

龍谷富山高等学校トピックス
 
令和5年度推薦入学試験の出願が開始されました。
2022-12-01
 
令和4年度 全校報恩講
2022-11-28
11月25日(金)、全校報恩講が行われました。
今回は、2、3年生が慈光堂に入り、1年生は教室でリモート視聴しました。
宗教歌黙唱後に2年生の宗教委員による献華、献灯、献香が行われた後、兵庫教区吉祥寺住職の西村一樹師の記念講演がありました。
「阿弥陀様のまなざし」と題し、「宗教とは一種の価値観であり、仏教は仏様の価値観である」と述べられた後、イチロー選手やサッカーの森保日本代表監督を例に出しながら「目標が変わると価値観が変わり、価値観が変わるとものの見方が変わって人生観も変わる」と話されました。
そして、「身近な目標を設定し、その達成のために何をすべきかを考えましょう」と、人としての生き方について優しく語りかけられました。
 
カターレ富山最終戦に生徒会参加
2022-11-22
11月20日(日)、9月に連携協定を締結した「カターレ富山」の最終戦に本校の生徒会執行部が参加し、さまざまな交流の様子を観客の皆さんに報告しました。
富山総合運動公園陸上競技場で行われた「カターレ富山」と「鹿児島ユナイテッドFC」との試合のハーフタイムに、生徒会会長の吉村さんと副会長の網谷さんが登場し、9月15日の朝、富山駅周辺で「カターレ富山」の選手の皆さんと「あいさつ運動」を行ったことや、11月17日の「文化祭」にキックターゲットのブースを出してもらって大いに盛り上がったことなどを報告しました。
 
2022文化祭
2022-11-19
11月17日(木)、「2022文化祭~愉快活発ー楽しく学び笑顔あふれる文化祭を~」が行われました。
今年度は新型コロナウイルス感染拡大が心配されたため、慈光堂に入る人数や模擬店を制限し、例年より縮小した形で実施しました。
コーラス部の合唱や吹奏楽部の演奏など普段の活動の成果を披露したステージ発表だけでなく、有志による発表ではダンスや歌唱、太鼓演奏など普段の特技の披露があり、大きな拍手が送られていました。
また、3年生による模擬店も衛生面に留意しながら楽しく販売などを行い、どのクラスの模擬店も大盛況でした。
午後には、砺波で活動している「越中いさみ太鼓保存会」の方々の太鼓や笛の素晴らしい演奏を聞き、伝統芸能の世界に酔いしれました。
 
自転車安全教室
2022-11-01
10月26日(水)体育館に於いて、1年生を対象とした「自転車安全教室」が行われました。
始めに富山自動車学校の方から、富山県の交通事故において自転車事故の割合が多いことや、自転車の交通ルールを教わった後、生徒を代表してB組の片原太智さんとF組の檜垣瑠之介さんが自転車シュミレーターを用い、通学路などを走行しました。
最後にA組の田近謙さんが「自分も自転車通学をしているので、事故に気をつけて登校したい」と感想を述べました。
 
第3回オープンハイスクールの参加申し込みはコチラ!
2022-10-03
 
2学期 ビブリオバトル
2022-10-26
10月25日(火)放課後、図書室で「2学期ビブリオバトル」が行われました。
各クラスの図書委員が参加し、最初におすすめの本を紹介し合いました。
その後、最も印象に残ったプレゼンターへの感想を書き、「読書の秋」を満喫しました。
 
陸上競技部 北信越新人陸上競技大会出場 激励会
2022-10-21
10月20日(木)校長室に於いて、「第27回北信越高等学校新人陸上競技大会」に出場する18名の陸上競技部員を代表して、部長の泉大成さん(2年H組)が井上校長先生から激励を受けました。
泉さんは「選手一人一人が自己ベストの更新を目指し、来年度の大きな大会につながるように頑張りたいです」と抱負を述べました。
北信越大会は、10月21日(金)から富山県総合運動公園富山県陸上競技場で開催されます。
 
国体受賞報告会
2022-10-17
10月14日(金)、報恩の日の礼拝後、「第77回国民体育大会~いちご一会とちぎ国体~」において入賞した、陸上競技部3年E組の長谷海翔さんと、1年B組の松木愛結さんの受賞報告会が行われました。
少年男子A300mで5位に入賞した長谷さんは「高校生活最後にこのような結果を残すことができ、嬉しく思う」と話し、少年女子B100mHで8位に入賞した松木さんは「満足のいく結果ではなく悔しい思いをしたが、全中の時のメンバーと一緒に走れて良かった」と話しました。
 
報恩の日の礼拝(10月)
2022-10-17
10月14日(金)慈光堂に於いて、2学期最初の報恩の日の礼拝が行われました。
今回は1年生が入堂し、2・3年生は各教室でライブ視聴を通して行事に参加しました。
宗教歌の黙唱、学園長と吉村生徒会長の焼香の後、図書館司書教諭であり国語科教諭でもある松本章彦先生から「パパゲーノと妙好人」と題して、講話がありました。
この世の中を生きづらいと考えている主人公が旅を通してさまざまな人と出会い、「自分だけが生きづらさを抱えているわけではない」と気づいたドラマの話と共に妙好人という立場の人の話を紹介し、『学園のこころ』を交えながら「人間、つらい時にどれだけ頑張れるかでその後の人生が決まる」というメッセージを生徒の皆さんに届けました。
次に、生徒代表として3年D組の青森柚樹さんが「周りの人の大切さ」という題で、話をしました。
病気がちの自分を支えてくれ、悩んだ時には相談に乗ってくれた家族や友人、先生方への感謝の思いを述べるとともに、生徒の皆さんにはあいさつなどコミュニケーションをとることや、授業をしっかりと受け、提出物をしっかりと出すことの重要性を伝え、「困ったときや悩んだときに人に頼ることは恥ずかしいことではない」と経験から得た思いを真剣に語りました。
今後の生き方について考える大切な時間を過ごすことができました。
<<学校法人 藤園学園 龍谷富山高等学校>> 〒930-0855 富山県富山市赤江町2-10 TEL:076-441-3141 FAX:076-441-3645