龍谷富山高等学校トピックス

龍谷富山高等学校トピックス
 
福島県沖震度6地震への募金活動
2022-03-24
3月23日(水)の放課後、3月16日に起きた福島県沖震度6強地震で被災された方への災害ボランティア支援として、生徒会主催による緊急募金活動が行われました。
多くの生徒が募金に協力し、短時間で16,800円の募金が集まりました。
 
剣道部壮行会等
2022-03-24
3月23日(水)、1、2年生が慈光堂に入り、愛知県で開催される「第31回全国高等学校剣道選抜大会」に出場する剣道部の壮行会が行われました。
壇上に上がった剣道部員を代表し、主将の室谷凌哉さんが「26日から開催される選抜大会では、ベスト8を目標に部員一丸となって頑張ってきます」と熱意を表明しました。その後、生徒会長と斉藤校長先生から激励の言葉が送られました。
また、この日はスケートボード競技で東京オリンピック銅メダルに輝いた1年生の中山楓奈さんの栄誉をたたえ、富山県私立中学高等学校協会より表彰されたこととスノーボード競技の1年生山田悠太さんが岐阜県で行われた「R・O・Tクロスin高鷲スノーパークボードオープンメン」で優勝したことについてのお知らせがありました。
さらに全校集会後に校長室に於いて、剣道部の激励会を行い、剣道部を代表して主将の室谷さんと顧問の大野先生が斉藤校長先生から激励を受けました。
 
報恩の日の礼拝
2022-03-17
3月16日(水)、3月の報恩の日の礼拝が慈光堂で行われました。
今回は2年生が入堂し、1年生は各教室で校内放送を通じて行事に参加しました。
宗教歌の黙唱、焼香の後、2年C組担任の辻衣里子先生から「叱られること」と題して、講話がありました。
「叱る」と「怒る」の違いや叱られた経験を振り返り、お互いどのような心情になったかに触れ、叱る人は相手に「良くなってほしい、成長してほしい」という思いから叱るのだと話されました。
また、女優の米倉涼子さんのエピソードに触れ、「叱ることは改善すれば良くなるという助言」であることや『龍富プライドAKO』をあげて「人とのふれあいの基本である挨拶(A)からコミュニケーションを始め、叱られたときはそれを素直に思いやり(O)として受け止め、感謝する(K)ことが自分の成長につながる」と語られました。
 
第2学年進路ガイダンス
2022-03-15
3月14日(月)、2年生がとやま自遊館において「進路ガイダンス」を行いました。
7クラスを前半と後半の2つに分け、学校からとやま自遊館に徒歩で向かい、それぞれ用意されたブースへ行って各学校や企業の話を聞きました。
県内外の大学、短期大学、専門学校の計30校と6企業の中から、各生徒が自分の進路に合わせて3つを選び、それぞれ説明を聞いたり、質問をしたりと有意義な時間を過ごしました。
 
第1学年進路ガイダンス
2022-03-15
3月11日(金)、1年生の進路活動の一環として「進路ガイダンス」を行いました。
本校の各教室を使って希望する大学・短期大学・専門学校・企業等に分かれ、それぞれの学校や企業の方を講師に迎えてガイダンスを受けました。大学や短期大学を希望した者は模擬授業を受け、専門学校希望者は体験授業を体験しました。また、就職希望者は、企業の担当者から会社概要等についての説明を受けました。
今回のガイダンスは、専門的な知識や技能を知る良い機会として、職業観をより深める貴重な時間となりました。
 
剣道部 全国選抜大会出場 別院奉告参拝
2022-03-09
3月9日(水)、「全国高等学校剣道選抜大会」に出場する剣道部員9名が顧問の大野先生と共に、全国大会に出場できることに感謝し、富山別院に奉告参拝に訪れました。
熊本輪番様から激励のお言葉をいただき、部員は大会に向けて一層気を引き締めました。
剣道部は3月26日(土)~28日(月)に愛知県春日井市で開催される「第31回全国高等学校剣道選抜大会」に出場し、日頃の練習の成果を発揮します。
 
第72回卒業証書授与式
2022-03-02
3月1日(火)、「第72回卒業証書授与式」が挙行され、3年生259名が巣立ちました。
 
今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないため、縮小した形にし、歌はすべて黙唱で行われました。
 
担任が各クラスの生徒を呼名した後、代表生徒が卒業証書を受け取りました。
 
その後、斉藤校長先生より式辞があり、「皆さんが生きていくこれからの社会は、ますますグローバル化し、これまで以上に皆さん一人一人の自覚と役割がとても重要になってきます。時代の転換期にある皆さんには目の前の課題に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり、よりよい社会と幸福な人生の創り手となってほしい。」と述べられました。
 
続いて、在校生代表生徒による「お別れのことば」で、「私たちは皆さまと出会い、たくさんのことを学びました。特に実践してこられたあいさつ・感謝・思いやりの心は『龍富プライドAKO』として私たち在校生がこれからもしっかりと受け継ぐことを誓います。」と感謝の思いを話しました。
 
最後に卒業生代表生徒が「お礼のことば」として、「建学の精神である『学園の心』の『内省・感謝・敬愛・相互扶助』を生活信条として豊かな人間性を育むために努力してきました。私たちは未来への一歩を踏み出します。この先、学んだことを自らの糧とし、どんな困難なことがあっても簡単にくじけることなく、前を向いて邁進します。」と感謝の気持ちと合わせて、これからの決意を述べました。
 
当日は新聞社の取材を受けました。下記リンク先から記事をご覧になれます。
 
3年生表彰式
2022-03-02
2月28日(月)、翌日の卒業証書授与式を前に、3年生の各賞表彰式と卒業生から学校への卒業寄贈品、生徒会から卒業生への卒業記念品の贈呈が行われました。
賞状を真剣に受け取る3年生の姿がとても印象的でした。
 
【表彰された賞】
・1年間皆勤賞(83名)
・全国福祉高校長会理事長賞
・介護福祉士実務者研修修了証
・高体連特別表彰
・全国私立高等学校表彰
・富山県私立高等学校表彰
・高体連表彰
・高文連文化連盟特別表彰(生徒会)
・高文連文化連盟表彰
・全国商業高等学校長協会成績優秀者表彰
・生徒図書委員表彰
・青少年読書感想文表彰
・3年間皆勤賞(28名)
 
3年生同窓会入会式
2022-02-28
2月25日(金)、細田留美同窓会長をお迎えして、3年生259名による「同窓会入会式」が行われました。
最初に細田会長から、卒業後は同窓生となる3年生に挨拶がありました。「伝統ある龍谷富山高等学校で過ごした3年間は、新型コロナウイルスの感染により行事が中止になったり変更になったりしましたが、友人とのふれあいなど楽しい思い出も作れたのではないでしょうか。同窓会は同窓生となる皆さんをこれからも応援していきます。3月1日の卒業式に皆さんの巣立つ姿を見送らせていただきます。その次は同窓会総会でお会いしましょう。」と述べられました。
その後、卒業記念品である卒業証書ホルダーを生徒代表の3A君島拓哉さんに渡しました。君島さんは受け取った後、「ありがとうございます。大切に使わせていただきます。」と挨拶しました。
記念品の卒業証書ホルダーは、3月1日の卒業証書授与式に3年生に配られます。
 
3年生学年報恩講
2022-02-21
2月21日(月)、第3学年による「学年報恩講」が行われました。
例年は、卒業を前にクラス報恩講という形で、クラスごとに行っていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により会食等を取り止め、学年集会という形で実施しました。
宗教歌を黙唱後、藤岳学園長、坂本第3学年主任、各クラス組長の順で焼香が行われ、その後、斉藤校長先生の講話がありました。講話では、本校のスローガン「龍富プライドAKO」から「A:挨拶」、「K:感謝」、「O:思いやり」について話をされ、来週に卒業式を迎える3年生に熱いメッセージを送りました。
<<学校法人 藤園学園 龍谷富山高等学校>> 〒930-0855 富山県富山市赤江町2-10 TEL:076-441-3141 FAX:076-441-3645